fc2ブログ

宮ノ下駅跡

先日仕事で堺に行き、帰りは思いつきで阪堺電車に乗った。古き町並みを走る小さな電車に乗って、いいなと思った。途中でふと廃駅があるのに気づいた。調べると、天神ノ森と東玉出の間に「宮ノ下」という駅があった名残であるらしい。見学に行こう、と思い、再度阪堺電車に乗ることにした。

まず、恵美須町まで地下鉄で移動。阪堺電車のターミナル駅だが、これも古くてよい。
DSCN2024.jpg

そして電車に乗り、天神の森で下車。ここは天神ノ森天満宮のすぐ隣にある。せっかくきたので参拝しよう。
DSCN2025.jpg
DSCN2027.jpg
楠の巨木がうっそうと茂り、都会の真ん中とは思えない静けさである。

そしていよいよ宮ノ下駅跡へ。これが浜寺方面行きのホーム。しっかりと残っている。
DSCN2030.jpg

恵美須町方面行きホーム。天神ノ森駅がすぐ近くに見える。ホームとしての遺稿はしっかり残っていて、復活は簡単だと思う。しかし復活したところで、天神ノ森駅がこうも近いとあまり意味はないであろう。
DSCN2034.jpg

宮ノ下という駅名の由来は、少し歩いた高台にある阿倍野神社。北畠親房・北畠顕家を祭る神社である。
DSCN2036.jpg
DSCN2037.jpg
さきほどの天神ノ森天満宮はまさに森というにふさわしかったが、こちらは明るい雰囲気。社殿も新しい。

改めて、阪堺電車はいいな、と思った。経営がよくないという話であるが、これからも存続してほしい。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント